くもりのち晴れ。

IMG_3039

高3娘、部活の最後の日。
6年間の最後を飾る数日前に、5人しかいない仲間のひとりが骨折。
その晩、「私が折れればよかった」と悔し泣きし、朝は無言のまま
登校した。
その涙を一生忘れないでほしいし、忘れることなんてないだろうと、しぼんだ背中を見送る。

発表の日、最後の場面で椅子に座って骨折した仲間が登場。
土壇場で構成を変え、助け合って踊っていた。
在校生も、知らない親も、観客の多くが泣いていた。
あきらめちゃいけない、最後まで仲間だからと、ダンス部の5つの白いドレスが教えてくれた。
学校は嫌いだし、お勉強はできなかったけれど、友だちが好きで、表現することが好き。
この子には、心がわさわさするような感動をけっこうもらったなあ、親なんて、子どもからもらってばかりなのだなあと
感慨深く思った。

いいもんはいい

IMG_3003

ツレヅレハナコさんと対談。新刊『ツレヅレハナコの食いしん坊な台所』で、キッコーマンのしぼりたて生しょうゆのすばらしさについて、小気味よく綴っている。
古式熟成の素晴らしい醤油はたくさんあるし、私も使ったことがあるが、醤油って毎日のもの。気軽に買えて、おいしくて、品質がいいものなら、大企業の大量生産品でも嬉しいと言い切る潔さがいい。

(写真)
笠間の取材先で畑を見ながら、ランチに舌鼓。なんで空の下のご飯はあんなにおいしいかなあ。

6歳の暴言

妹が、6歳の長男と両親を連れて、私の家に1泊。
甥っ子に「今日はおじいちゃんとおばあちゃんの真ん中に寝たら?」と
冗談で言ったら、とても元気に明るく無邪気に
「年寄りくさくなるから、やだーっ」
と、身も蓋もない返答をしていた。
みなから冷たい視線を浴びた妹は、必死で「年寄りくさいという言葉を教えたのは私ではない」と、否定をしていた。