仕事だより

篠原涼子さんインタビュー。

20代から40代の今まで。年代ごとに代表作のある稀有な女優さんだ。

その演技は、ゆたかな感性によるもの、
と勝手に決めつけていたが、
じつは驚くほど深い役柄への理解と探求、緻密な計算によるものだとわかり、発見の多い人だった。

『人魚の眠る家』篠原涼子さん「弱くて小さな自分が恥ずかしくなるくらい、大きくて大事なことを現場から学んだ」
〜朝日新聞デジタル&w「明日の私に環る〜」(取材・文)

カテゴリー: 雑誌、寄稿、連載 パーマリンク