『小さな家の生活日記』のこと

 

   2001年から11年、毎週月曜日に掲載した連載アサヒ・コム『小さな家の生活日記』。

   あるとき、思いがけずたくさんの方からメールが届いた作品がありました。そのなかには、代表作を何十もお持ちの作家の方も。
ずっと読んでいますよ、と大きく背中を押される励ましの言葉が綴られていました。

 まだまだネットが紙より下に見られていた時代でした。
でも、記者を目指して入社したであろう新聞社で、デジタルの部署に配属された編集者らが、紙に負けないよう必死にもがき、挑み、互いに切磋琢磨していました。(そうでない人も、いなくはなかったことを記しておこう・・・。w)

   夜遅く。または休日でも。校正がガラケーに貼り付けられて届きました。あの時代のデジタルの編集部の多くは、新しい雑誌を創刊するときのような熱気があったように思います。(そうだったところが残っている、今伸びているともいえる)

    無粋な話ですが、原稿料も何段階か、上がりました。雑誌の世界で、原稿料の単価が上がることは、もはやありません。
いいものを、一人でも多くの人にもてもらうために。できるかぎり書く側の待遇の向上にも腐心した、おおげさにいえばデジタルの文章にまつわる黎明期のお話です。
私は彼らの熱に、気圧されるようにして、走り続けることができました。

   どこかで誰かが読んでくれているありがたさを
強く実感した作品を、新刊記念で再掲です。

朝日新聞デジタル&w
<小さな家の生活日記1>伝説のエッセイ『15分の夜道、心のキャッチボール』