本の買い物。失敗と成功

正月は、スマホから離れて、本を読もうと年末に、買いだめした。

向田邦子が猛烈に読みたくなって、『阿修羅のごとく』を買ったら、小説版は別の書き手のノベライズだった。
むううと、唇を噛む。
ネットでなく、本屋で買っていたら、かような買い間違いはしなかったのだろう。そもそも本作はシナリオで、本人の書いた小説版はないとあとで知る。

むちゃくちゃおもしろかったと知人から勧められた『早稲田文学 女性号』は、重版がかかったことでも話題に。
小説、エッセイ、論考など82作品が収録されていて、お得感が半端ないのだが
なかでも
吉原幸子、茨木のり子、石垣りん、最果タヒの詩のカテゴリがいい。
好きな詩人が網羅されているからそう思うのか。でも豪華で、やっぱりお得。

今年は仕事以外で、本をたくさん読もうと、小学生のような目標を立てた。
あとは寝る前のストレッチと減塩生活。
この目標の、ありふれ具合よ。

早稲田文学増刊 女性号 (単行本)

阿修羅のごとく (文春文庫)

カテゴリー: レビュー パーマリンク