おとなの学校

「そんなに忘れなきゃいけないことがあるの?」と娘に聞かれた。今週、忘年会3回。

昨夜の締めは、地元で一番通い詰めているバーで。
年間で通算1ヶ月は通ったのではあるまいか。

ラフロイグもカリラも、レナード・コーエンも、アネッサ・フランクリンも全部ここで教えてもらった。
私の学校みたいな場所。

#下北沢 #シングルモルト

仕事だより3

長野の小野宿という街道沿いで、ひとり有機で野菜を作り、漬物、醤油まで仕込み、
自家製食材と、可能な限り自家製の調味料を使い
「農家のお菓子とごはん こめはなや」
を営む小澤尚子さんを
たずねた。

「記事になったら、注文が追いつかなくなるから
今年は注文を早めに締め切ります」とのこと。

普通の人は逆だ。

まじめに手で作るものには限りがある、
という当たり前のことを知った。

『天然生活』2019年2月号
「長寿県・長野の
漬け物のある暮らし」(取材・文)

仕事だより2 かっこよすぎる詩人

強くて孤独で、
勇ましくて繊細。

こんなかっこいい詩人がいたこと
ごそんじですか?

本日より、月2回(第2第4木曜日)、光文社ウエブサイト「本が好き。」にて、ブックレビューを担当します。

第1回は、素敵な料理家から教えてもらった詩人、吉原幸子の作品です。

「本が好き。」(光文社)ブックレビュー
第1回 『吉原幸子詩集』 大平一枝

仕事だより1

天を仰ぐ女

はしご酒後、
誰にも見られていないと思っている、素の人間というものは、

ひどく無防備で
ズボンの裾片方だけブーツインし、
腹の上のボタンは留めわすれ、

「あーさっきのスナックに帽子わすれた」と
天を仰いでいたりするものである。

荒木町暴飲の夜。四ツ谷駅にて。

#この後反対方向の電車に乗った #隠し撮り
#だめなやーつ