堀道広さんマジック

IMG_4230

IMG_4231

昭和式もめない会話帖 (中公文庫)

新刊『昭和式もめない会話帖 (中公文庫)』のイラストは、堀道広さんです。当初から、編集者の石川由美子さん(中央公論新社)から、「絶対この方がいいと思いますっ」という熱い思いがビンビン伝わってきていた。
もちろん私もお願いしたいと思ったし、だいたいそういう編集者の思いが溢れんばかりのときは、それにのるのが最善で、いい結果になると、これまでの経験でわかっている。
果たして、堀さんは、小津安二郎や成瀬巳喜男、黒澤明の映画のフレーズを、それはもう見事に自分流に解釈して、シュールにイラスト化してくださった。上がってくるラフがこんなに楽しみだったのも久しぶりだ。

本書は『昭和ことば辞典』(ポプラ社 2013年)を加筆して文庫化したものだが
イラストを通して、本が生き返った思いだった。
言葉は、ときに、時代に応じて解釈を変え、死んだり、生き延びたりする。
堀さんの解釈で、
「いい女ですね。食欲が湧く」
「吹くわね、坊やのくせに」
などというセリフが、いきいきと、息を吹き返すのをまのあたりにして
リインカネーションという言葉を思い出していた。

早すぎ。

試験が終わった翌日、娘の部屋から『センター試験 英語』と『センター試験 国語』がゴミに出されていた。
合格発表まだだし、一般試験まだあるし。
いくらなんでも、そんな断捨離は早すぎです。

長年の夢

昭和式もめない会話帖 (中公文庫)

本日、新刊発売です。
『昭和式もめない会話帖』 (中央公論新社)中公文庫

『昭和ことば辞典』(ポプラ社)に、書き下ろしエッセイを加え、文庫化されました。
旅の相棒にしてもらえる文庫は、ライターとして独立した23年前からのひとつの夢であり
25冊目にしてようやくかない、感慨深く思っています。

小津安二郎、成瀬巳喜男など、昭和の映画から、失いたくない美しい言葉を抽出。
相手を叱ったり、ノーというときも、先人の言い方は美しくてそつがない。
なんでもかでもはっきり言えばいいというものではないし、
「ご近所さん」「世間」という狭きしがらみが
あった時代だからこその、知恵と配慮の文化。
昭和の時代の人間力を1冊にギュッととじこめてみました。

「たとえ揉めても、付き合いはその後も続く。
今はなんでもはっきり言うことがいいとされやすいが、最後まで言いきらないことで、
人間関係を緩やかに保つのも生きる知恵の大切なひとつであろう。」
〜はじめにより〜

信州お茶請けも、紙も、弁当も、昭和ことばも、そして原爆科学者の証言も
私の中では同じ興味のベクトル上にあります。
それは「失いかけているけれど、けして失ってはいけないもの・価値観」であること。
すべて記録しておきたいテーマです。

ぜひあなたの通勤通学、または旅のお供にどうぞ。

お知らせ:読者の集い(2月17日、2月23日)

こっ恥ずかしいですが、連載5周年を記念して、下記のようなイベントを開いていただくことになりました。定員各70名です。よろしければチェックしてみてください。

【B&B 告知】

朝日新聞デジタル「&w」の人気連載「東京の台所」
ファンミーティング開催!

「台所を語るというのは、恋人と過ごした街角を歩くときと似ているなあとぼんやり思う。住み手も台所を語りながら、記憶の彼方に置いてきた自分と再会する。」(『男と女の台所』から)

隔週水曜日、記事が公開されるとすぐにアクセスが集中、時には100万pvを超えることもある朝日新聞デジタル「&w」の人気連載「東京の台所」。

作家でエッセイストの大平一枝さんが、撮影機材がつまった大きなカメラバッグとともに、都内160軒の台所に入り込み、住む人の心を描き出す……。連載5周年と、取材後の物語を記した2冊目の著書『男と女の台所』出版を記念して、大平さんが2時間、160軒の取材をふり返りながら、心に残った台所とその住人のドラマ、すぐに使える収納術や驚きの調味料、そして取材に欠かせない七つ道具まで、“ここだけの話” 、取材の舞台裏を2時間、スライド付きで語りつくします!

大平一枝(おおだいら・かずえ)
作家・エッセイスト。長野県生まれ。失われつつあるが失ってはいけないもの・こと・価値観をテーマに各誌紙に執筆。著書に『東京の台所』『男と女の台所』『もう、ビニール傘は買わない。』(平凡社)、『届かなかった手紙』(角川書店)、『あの人の宝物』『紙さまの話~紙とヒトをつなぐひそやかな物語』(誠文堂新光社)、 『日々の散歩で見つかる山もりのしあわせ』(交通新聞社)、『日曜日のアイデア帖~ちょっと昔の暮らしで楽しむ12か月』(ワニブックス)、『かみさま』(ポプラ社)ほか。最新刊は『昭和式もめない会話帖』(中央公論新社)。HP「暮らしの柄」

http://www.asahi.com/and_w/articles/SDI2018011713471.html

●取材160軒の舞台裏から
1)私が影響を受けた台所5
2)収納アイデア10
3)究極の断捨離空間ベスト5
4)ものにあふれて、ものと暮らす なぜかカオスが気持ちいい
5)「切らしたら困るもの」で、思わず私も買ってしまったものベスト10
6)密着! 取材現場と七つ道具を初公開!
7)忘れられない台所、三つの奇跡、その後の台所物語
8)なぜ、台所を訪ねるのか?
9)なぜ、台所から人生が見えるのか?

おまけ1)私の惚れる美しい台所が登場する昭和映画
おまけ2)質問コーナー「あの台所って……?」「読者の好きな台所」

※ 2回のイベントの内容は同じです
2018/02/17 Sat 14:00~16:00 (13:30開場)
2018/02/23 Fri 20:00~22:00 (19:30開場)

17日のご予約はこちらから!
23日のご予約はこちらから!
※イベントチケットの予約・購入に関するご案内はこちら

◯出演

大平一枝 (作家、エッセイスト)

◯場所

本屋B&B
東京都世田谷区北沢2-5-2 ビッグベンB1F
入場料 _

1500yen + 1 drink order

東京の台所

男と女の台所

想像せよ

届かなかった手紙 原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び

アメリカに渡り、原爆投下に反対した原爆開発学者やその関係者に取材した。その旅で、痛烈に感じたことがある。
原爆の証言者も、また開発学者も少なくなる中、私達が戦争について考えるとき、もはや”想像力”を軸にするしかない、そんな心もとないものを拠り所にするしかない新しい時代に差し掛かっているのだわかり、呆然ともした。

スカイツリーより低いところで落とされた核爆弾が、どれほどの熱地獄であったか。放射能がどれほど近いところで人間の細胞を直接破壊したか。
数字や写真だけでは伝わらない。想像しようとしなければ、なにもわからない。

謝罪しない科学者の心の入り口にさえもたどり着けず、おのれの想像力不足に地団駄を踏みながら帰国した私は今も、思考の途中にいる。

【拙著をご紹介頂きました】
「戦争・核の脅威 想像力巡らせて」(信濃毎日新聞)1月6日
「原爆使用反対 科学者らに光」(中国新聞)1月22日
「貴重な証言から運命の日までの懸命な抗議行動が明らかに」(クロワッサン・マガジンハウス)1月25日号

ニワトリのように忘れていくのだ。

IMG_4016

IMG_3999

秋田、富山と、別媒体で取材が続いた。
1日目の秋田の取材先に名刺入れを、
宿にヘアアイロンを、
2泊目の羽田空港のビジホに化粧品を、
3泊目の宿には、よりによっておパンツを(!)
忘れた。それも3日目に限って星野リゾートのお宿、「界」・・・。言えない、あんなゴージャスでセレブなホテルの方に、「洗って干したおパンツを送ってくれ」だなんて。ああ、掃除の方に申し訳なさすぎる。ぎょっとしたろうなあ・・・。

着払い代だけでちょっとした土産が買える金額に。3日目は自首する勇気なく、あきらめるの巻。

(写真)
雪の温泉街に浮かび上がる、山代温泉、明治時代の共同浴場を再現した古総湯。

星野リゾート 界 の備品はひとつひとつがおしゃれで美品だった。