せつない使途

田舎の祖父母にユニクロで1万円分買ってもらったと大喜びしている兄を見て
「そのお金の使い方せつなすぎるわ」と、我が家のピーコ(妹)がひとこと。たしかになー。

ウズベキスタン戦を、サッカー通に解説してもらいながら見る。やっぱり解説あるのとないのとでは楽しさが全然違うな。

2015-03-31 16.11.12
青山ブックセンター 『東京の台所』展示中です。

シンクロナイト

経堂で心温まる宴に呼ばれる。自分はこれからも書き続けて良いんだと熱く背中を押されるできごとがあり、1軒目のワイン&寿司のトシヤヴェルデは天狗にもなりかねない相当良い気分に。2軒目、本店の寿矢に行くと、お客が私たちをいれて4人。端で一人で飲んでいた女性に突然「お話が聞こえてすみません。私はあなたの本を読んコーポラティブハウスを買いました」と話しかけられた。なんだなんだ、経堂は奇跡の極楽浄土か。
なんでもないとおもっていた1日が、一生忘れられない夜になった。
神様の褒美のようなこんなことが続くと、決まって良い気になって大失敗をやらかすので、こういうときこそ慎重に実直にならねば。

ご応募ありがとうございました。

朝日新聞デジタル &w 連載100回記念『平松洋子×大平一枝対談』ご応募、締めきりました。定員80名のところ、230名余のご応募、しち面倒くさい応募フォームなのに、本当に本当にありがとうございました!当選の方のみに編集部からメールでお知らせがいきます。大変恐縮ですが、外れた方にはご連絡がいきません。なにとぞご容赦下さい。(本サイト宛に問い合わせをいただいておりますが、お応えできず申し訳ありません!)

切手美

2015-03-25 21.49.16

アニメキャラクターばかりが増えてどうなるんだろうとやきもきしていた日本の切手、最近、相当いい感じです。伝統工芸、正倉院の宝物シリーズ。

仕事だより

2015-03-27 17.20.18
第2回 わたし遺産(三井住友信託銀行)大賞、本日読売新聞紙上にて発表。
去年に引き続き、栗田亘さん、穂村弘さんとともに審査員をさせていただきました。自分だけの大切な心の財産を伝えるとても素敵なコンテストです。

2015-03-26 15.13.19
『天然生活』5月号 「おべんとうのおかず交換会」に出ています。弁当のすきま恐怖症で、すきまに菓子パンを詰めたら、息子に”おかん、菓子パンはおかずにはなんねえ”」と諭された話などがまんま載っています。本誌の品位を落とさぬか、心配です。

4月から『しんぶん 赤旗』旅欄で「おーだいらのてくてく散歩」が始まります。隔月第1週木曜日です。

2015-03-29 15.19.03

2015-03-29 15.19.31

長年エッセイを書かせていただいた アパレルブランド『Pal’ls Palace』カタログ、2015年春号より連載『タカラモノのひきだし』が始まりました。木の引き出しを持ち歩き、ものづくりを生業にしている人にこの引き出しに入る宝物を聞きます。アーティストの宝物から美のルーツを探る、第1回は料理家の坂田阿希子さんです。

送別の季節

今週2本目の歓送迎会。新しい編集部に行く人、新しい仕事に変わる人、新編集長になる人、さよならとはじめましてがいりまじる。転校が多かった子ども時代の悪い癖で、なんとなくこういうとき、ちゃんと誠実にさよならを言えない。ちゃかして、まぜっかえして笑いに変えたくなる。まじめにいったら泣きたくなるからかもしれないな。

日経ecomom 連載 第10回「するならとことん!贈り物の演出」