ナチュラルハウス

2014-07-29 13.49.02

アラフォー女子ひとりでもできた! 小さくてかわいい家づくり』(新潮社)という本を書かれた塚本佳子さんの台所を取材。すみずみまでとびきりおしゃれな家というのは、来客は意外に気疲れしたりするものだが、住んでいる人が自然体で気負いがないと、その気負いのなさが空間に投影される。結果、居心地がいい。そういうてらいや気負いのなさもアラフォーならではの、もてなしの内かもしれない。

人間ドック

恵比寿ガーデンプレイスの中のすてきクリニックで人間ドック受診。設備が素敵だろうが何だろうがやることは同じで、ありえないくらい胸を押しつぶされるマンモグラフィに涙目になる。おまけに血液を抜かれたらすーっと気が遠くなり、貧血状態に。しばらくベッドに寝かされ、「移動は車いすにされますか?」と心配されるありさま。大人のくせに情けなし。
フリーランスなのですべて自腹。次は何年後になることか。
こんなに医学が発達しているのに、胸を板で挟まれるあんなに痛い健診をしなければなんて・・・。それを毎年受診している大人のみなさんは本当に偉いなあと、帰りの電車のOlさんたちを見る目が変わった。

まるごとあおもり

料理家の瀬尾幸子さんプロデュース「青森の美味(めぇもの)と美酒(めぇさげっこ)」のイベントへ。北の台所 おんじき新ばし家にて。
青森伝統料理と酒が次から次へ。大吟醸と吟醸どころか純米酒との違いも知らない無知な私は、日本酒の話を聞くのがとくに楽しく。蔵元さんと話できるのも興味深い。鯖にはこの酒、いかにはこれとベストな相性を教えてもらい、最後は多すぎて何が何だかわからなくなった。が、青森はどこからどこまでも、もれなく美味しいのだなということは痛いほどわかった。
なぜだか「ラッセーラ!」のかけ声の1本締めで泣きそうになった。青森って、人も酒もじつはファンキーなんだな。さらに瀬尾さんがファンキーな人なので、創作料理が合うのなんのって。どれひとつも家でまねできない大人の味だった。