桝野俊明さん

書いて体得する禅 すっきり爽やかな心をつくる

お会いするたびに、心の奧深い所に届く言葉や気づきが必ずある。ふだんは湖の底に眠っているが、これは困った!とか、どうしたもんかなあと迷いかけていたふとした瞬間に、その言葉がぼこぼこと湖面に出てきて、大切なヒントと気づかされる・・・。
そんななので、禅僧であり、作庭家でもある桝野俊明さんの取材は、いつも仕事以上に、自分の人生のヒントをもらいに行くような気持ちになってしまい、もれなく前のめりになってしまう。
今回もまた前のめりのまま、文章構成のお手伝いをさせていただいた桝野さんの著書『書いて体得する禅 すっきり爽やかな心をつくる』(メディアファクトリー)が発売された。
禅語を書きながら、心を整える修行本である。

休日掃除

2013-09-29 13.05.252013-09-29 13.08.19
やっと、夫と休日が合い、午前中から黙々と互いに大掃除。ドロドロのガスコンロ、開けたら雪崩が起きる冷蔵庫、花粉の時期に使った空気清浄機と真夏にフル回転の扇風機もいまごろやっとしまうことができた。そして気がつけば夕方近いわけで、日頃のずぼらを溜めると1日が掃除で終わってしまうという蟻とキリギリスのような因果を身をもって知る週末も、これで17年目。成長ゼロ、自分の伸びしろのなさにげんなり。でも部屋はきれいになったのでよしとおもうことにする。
実はならなくて、葉ばかり大きくなったぶどうの蔓を飾ってみたり、すだちをかごにもってみたり。つかの間の偽おしゃれミセス気分を味わう。あとはハーブを入れて、天然酵母でパンを焼けば完璧だが、なにせ付け刃なので、持続せず。またすぐにコンロは油でドロドロになり、見て見ぬ振りをすることになるんだろう。合掌。

熱い夜

7156d195f0c0d4101578abd852a2bf83一緒に『家事場のバカぢから』(メディアファクトリー)を書いた旅行エッセイストの森優子のトークライブ『アウシュビッツの夜』へ。中2娘、ファンキー森の爆笑トークと、アウシュビッツの悲劇の構造という落差激しいこのイベントをどう受け止めるのかと、ドキドキしながら参加した。
結果、「1時間が15分くらいに感じた。また行きたい」。理屈では説明できないけれど、子どもをこの友だちに会わせたら、きっとなんかしら化学反応が起きるって、母の勘でわかることが多い。私の周りは、そんな熱いいかれポンチ(昭和だ)な大人ばかりなので、ちょっと助かっている。

好きな男性のタイプ

娘とコンビニ行ったら、どこで焼いたんスかと聞きたくなるような真っ黒の肌とドレット鼻ピアスカップルに遭遇。
私「ああいう彼、どうよ?」
娘「ああいうんじゃなくて首とか腕とか足首にちょこっとタトゥーのある人が好き。やんちゃな感じに惹かれる」
そういうえばこの子は3歳の頃、氣志團と亀田3兄弟がテレビに出ると、画面にかぶりつきで食い入るように見てたもんなあ。5歳くらいになると、はっきり「好きなタイプ」と言ってたもんなあ。ヤンキーに惹かれる女子の心理を、複雑な思いで観察する母であった。