最後の指摘

珍しいいちご柄の急須。つきまさにて。

矢のような速さで流れる年の瀬。苦し紛れに書いた原稿が、やんわり、でもしっかり苦し紛れですよと指摘され、ぐうの音も出ない。来年はもっともっともっと精進したい。秋頃から自分の中で時間の流れ方が変わってきたので、それをうまく今後の人生に生かしたい。長いような短いような1年だった。2011年みんなみんなお疲れ様。

クリプレ

重いけどぬっくぬく。

今年もよく頑張ったと自分で自分にクリスマスプレゼント。スイスアーミーのブランケットをモチーフにしたコート。重いけれど背中に汗をかくほど、暖かい。ラテンの国kagawa生まれのスーパー寒がりカメラマン、5枚の靴下を重ねてはく女・安部巨匠に教えてあげよう。

『もう、ビニール傘を買わない。』(平凡社)が本屋に並び始めた。発売前に「2012年の元気が出る1冊」に選んで下さったのは『公募ガイド』。書評第1号なり。毎月連載している信濃毎日新聞(長野生まれの私にはなじみ深い硬派な新聞です)くらし欄にも。ありがたきしあわせ。今の私にとって何よりのプレゼントなんである。

今年最後の取材

左は扶桑社、編集者の君島さん。

今年最後の取材は収納王子コジマジックさん。松竹芸能に在籍し、18年間オーケイというコンビを組んでいる芸人さんだ。
芸人としての生き残りを懸けて、好きな収納を生かしたキャラを作ったら大成功したという。旬の人には輝く理由があるとよくわかる。丁寧で、一期一会の相手にも本気で誠実に仕事をする。こんな清々しい取材で仕事納め(原稿はあと2本だけど)なんて、かみさまありがとうと天を仰ぎながら東銀座を後にした。それにしても12月23日の銀座は恋人だらけだな。

荒技

小6娘の、小学校の宿題をする姿を最近見ていない。
「あんた、宿題どうしているの」と聞くと
「安心して。学校行く途中の踏切待っている間にちゃんとやってるから」。
いくら下北沢のそれが開かずの踏切だといっても、立ったままってあんた。
「この間なんて、卒業アルバムの作文2枚書けちゃったんだよ」と
どや顔で言われて、叱る気も失せるのであった。

さよなら阿佐ヶ谷住宅

連日楽しい仲間との忘年会が続いている。そんなさなか、阿佐ヶ谷住宅の残り少なかった住人も次々立ち退き、これから本格的に解体作業に入っていくという話を聞いた。すっぽり抜けた空。雑木林のような都会の真ん中の広大な緑。アメリカの映画に出てきそうなテラスハウス付きの良質な集合住宅。公団とひとことでくくるより、津端修一、前川國男の「作品」とよびたくなるような昭和の宝がまた一つ消える、このせつなさ。

芋の日

もて余していたレーズン入りバターを投入したら塩味が絶妙。
奥 絢子さんのアトリエにて。奧さんの器は料理の品格を一段あげてくれる。

農園からさつまいもが沢山届くので、よいしょと重い腰を上げて一気にスイートポテトや茶巾絞りを作った。こういうものはちびちび作っていたのでは旨くない。大量に作らねば。

『フィット・フォー・ライフ』(ハーヴィ・ダイアモンド著)読了。栄養学の本をちゃんと読んだのは丸元淑生さんのそれ以来だから10年ぶりくらいかもしれない。おもしろかった。ナチュラル・ハイジーンの食事は私はまんま真似できないが、いいところだけとりいれてもいいなと思った。酸化しない、よい油をとるのは大事らしい。たぶん、酒のつまみ用のバターを菓子になんぞ使っていちゃだめなんだ、きっと。

奥 絢子さんhp