」カテゴリーアーカイブ

四谷荒木町クロニクル

上京して最初に働いた街、四谷荒木町で痛飲。 雑居ビルの2階に、編集プロダクションがあり、社員として女性誌の編集に携わった。 細く、いりくんだ路地。傍らのお地蔵様。小さな公園。 料亭の軒先に干されたからすみ。 紫色の看板の … 続きを読む

ばえるもばえないも。

外食産業のメニュー開発も、専任の”インスタばえ担当者”が、必要な時代のようだ。 とはいえ、私は、ばえようが、ばえまいが、なにがなんでも味とボリュームが命。 写真は美味しくて、ボリュームがあって、ちょいばえる3条件が印象的 … 続きを読む

まるで化学〜サルボ恭子さんの料理教室

サルボ恭子さんの料理教室へ。この人の教室はまるで化学の学校だ。 歯ごたえと加熱の関係など、どうして今まで学ばずにやってきちゃったかなと後悔したくなるくらい、理路整然として、わかりやすく「おいしさ」の秘密とコツを、教えてく … 続きを読む

重信レシピで最後の肉祭り

肉1パックを買っても、半分ずつしか使わないという地方から上京して自炊している息子の学友の話を聞き、始まった「サッカー部の輩に肉を死ぬほど食べさせる会」。 今年で4回目、つまり最後の会である。 地方のテレビ局やら途上国やら … 続きを読む

夏はクラフト

家から徒歩3分の、古い家族経営の酒屋さんは、世界中の珍しいクラフトビールが揃っていて、土日などに好きなのを1本買って帰るのがお楽しみ。外人さんが多く、角打ちのように立ち飲みしている。しょっちゅう試飲会をしていて、切り盛り … 続きを読む

漬ける生活

梅押し、マリネを、漬ける漬ける。 保存食というのは、ただやりっぱなしの漬けっぱなし、干しっぱなしだったりするのに 妙に「ていねい」感が増す。 本当は究極のズボラ料理だと思うのだ。 賞味期限は長いわ、味付けはいらないわ、大 … 続きを読む