取材、旅」カテゴリーアーカイブ

車窓と故郷

JR飯田線にコトコト乗って 高校弓道部の同窓会へ。 もうそこには実家がないので、通学に使ったこの電車に乗るのは30余年ぶりとなる。 冬枯れの山。空の色。無人駅。 何も変わらなくて、自分だけが変わった。 「スイカは使えませ … 続きを読む

秋色

朝からここでお仕事。信州の秋には、ゆたかで、おいしい色がたくさんつまっている。(実家から車で10分だが、寄れずにとんぼ返りのとほほ付き)

真夜中の祭り

  新潟県長岡市、宝徳山稲荷大社の「よまつり」へ。 夜中0時から始まる神事の、荘厳な光景に息を呑む。 別名、ろうそく祭り。 山の中の11分の道が、大渋滞で3時間かかり、暴れそうになったが この祭りに詳しい水先案 … 続きを読む

創刊15周年

『天然生活』11月号「根本きこさん 小さな暮らしの変遷』(取材・文) 創刊15周年。第1号からエッセイを連載中の根本きこさんに、これまでの歩みを人生年表付きで、振り返ってもらった。 逗子時代の取材から、もともと朗らかな人 … 続きを読む

暑っ。OKINAWA

息子が仕事でアフリカに旅立った日、私は仕事で沖縄へ。 沖縄は内地より気温が低いと、たかをくくっていたが しっかり、がっちり暑かった。 島バナナと無農薬マンゴーとナーベラ(へちま)とチランジアを 名護のJAで何百円かで買い … 続きを読む

京都おっさん旅

『見えなくても、きこえなくても。』(主婦と生活社)を撮った巨匠、安部まゆみと、本書で取材した梅木好彦さんのお見舞いも兼ねて京都へ。 京都2泊なのにノープランの丸腰。せっかく持ってきたガイドブックも安部は新幹線で数分眺めて … 続きを読む