蕎麦と青春

信州高遠。田んぼと同じくらい蕎麦畑がある。

学生寮の仲間と、料理サイコーなたかずや鉱泉で深酒。

とんでもない暴言をそっとそっと流してくれた田口くん、芦田くん、すまん。と、この場を借りて陳謝(読んでないだろうけど)。

だだ混み、中央道往路が7時間、復路も7時間で、連休の車移動は丸腰ではいかんと、この歳になってやっと気づく。遅いわ!

運転の家人は呪文のように「東京帰ったらマッサージ行く、絶対行く」とぶつぶつ。

温泉に行って腰痛で帰宅するっていったい……。

(シュールな竹のオブジェ。蠟のサンプルでなく)@おっこと亭 。蕎麦と天ぷらが素晴らしいお味。

阿寺渓谷と婚礼トラック

帰省。息子が新米お嫁ちゃんと来ると言うので、母はもう、張り切って頭から湯気を出しながら、さまざまなものを揚げまくっていた。

木曽、阿寺渓谷へ。

深い緑に覆われた原始的な森と、「阿寺ブルー」といわれる川床の美しい色とのコントラストに息を呑んだ。

森林浴や川で涼みながら、真っ黒な心をお洗濯。信州は奥深い。

朗らかな新しい家族が増え、人生の営みの妙に感謝する忘れがたい3日間であった。

帰りにポツンと佇む家具屋さん脇に婚礼トラック発見。かつてはたくさんの嫁入り道具を運んで大活躍したんだろうなあ。

(川床の写真:おんたけ観光協会)

新旧の肌

心から気の毒そうな顔で

私の二の腕を触った娘が言った。

「同じ二の腕タプタプでも私のは、ほらさわってみて。ほわほわして、引き締めたらなんとかなりそうな可能性がある肌だけど

ママのは硬くて弾力がなくて、もうどうしようもない肌だね、かわいそうに」

死んだ肌みたいに言われて、イラっとき

た。

取材先でみたおひつ。あーなんて素敵な道具であることよ