go to

夏の落とし物

理事長

団地取材後、長年居住(推定)の方に、部外者は二度とくるんじゃねーぞみたいな顔をされたので、急いで帰った。

森下洋子さんが語るヒロシマ

 

この投稿をInstagramで見る

 

広島出身のプリマ、森下洋子さんが語るヒロシマ。 忘れられないインタビューのひとつです。 (repost) 75年前の今日。1945年8月6日、8時15分に広島市に原子爆弾が投下されました。亡くなった方々のご冥福を、心よりお祈り申し上げます。 天然生活webでは、日本を代表するプリマ・森下洋子さんが語る、ヒロシマ「平和を願い、躍りつづけて」を掲載しています。被爆した祖母のこと、バレエ、舞台に捧げる想いについて語ってくださいました。よろしければご一読頂ければ幸いです。 取材は大平一枝さん、撮影は本間寛さん。森下洋子さん、松山バレエ団松本さん。皆様に感謝を込めて。 #森下洋子さん #松山バレエ団 #8月22日白鳥の湖 #大平一枝さん #広島原爆の日 #天然生活

大平 一枝 (Kazue Oodaira)(@oodaira1027)がシェアした投稿 –

天然生活web「平和を願い踊り続けて」

撮影風景