弥生こもごも

縁が欠けてしまった大益牧雄さん(漆掻き木工ろくろ職人)の湯呑が金継ぎされて戻ってきた。小さなことなのに、金継ぎってこんなに嬉しいものなのだなあ。
欠けていると、ずっと気にかかる。
自分の人格も同じだ。
直したのは、金継ぎはたんなる趣味のカメラマン、安部まゆみ。私はこれで十分嬉しい。

 

 

一足早く、吉野桜を頂いた夜。久々の宅飲み。女3人ワイン3本、シードル1本、ハートランド大瓶3本からのバー。
肝臓、ごめん。

飲んだり食べたり書いたり書いたりマスク探したりで、いつもとちょっと違う3月が過ぎてゆく。

ピザ祭り

すべてデロンギ・コンベクションオーブン様に焼いていただいた。

ピザ4枚。餃子の皮のなんちゃってピザ60枚を

息子夫婦大人5人で。

・ジャコ×切り海苔×醤油

・ジャコ×そぼろ×マヨネーズ

・納豆×ツナ×トマトソース

・ハム×ツナ×トマトソース

すべてチーズたっぷりのせ。

豪華な食材がひとつもない家庭のピザ祭り。レンジでもオーブンでもトースターでもない、表面カリッ中身もっちりの焼き上がりに取り憑かれて、ただただなんでもかんでも焼きたいだけ・・・。

 

 

目と舌と心で、しびれた夜

私のちっぽけな演劇感がもろもろと、気持ちよく総崩れ。

演劇って、こんなに自由で自在でやわらかなものだっけ。

絆じゃなくて人との「関係性」を慈しむ物語。

心しびれた劇団ロロ。

 

(写真)アゴラ劇場前の夕焼け

 

 

そして、念願の定食屋、菱田屋で、愉快な人達と

ごはん&一献。

こんなに魂のこもった料理が、こんなに安くて謝りたくなった。

パトロール料理

妙な理屈の偏食男


緑の鬼、安部巨匠から自家製ローズマリーを分けてもらったので、
オリーブオイルであえた野菜に、がんがんトッピングして、岩塩ふりかけて
コンベクションオーブンレンジで焼いた。

夫が
「田舎に移住した人のロッジの匂いがする」
といってあまり食べない。

ローリエを枯れ葉、玄米を戦争の味がすると言って食べない男の
新たな偏食にイラッ。

(写真)
全部私が食べてやりました。お呼ばれで出してもらって美味しかったのでやみつきの、オイスター入りヨーグルトディップ添え。