料理本3選

自著を3冊装丁してくださったデザイナー斎藤いづみさんから、主婦と生活社 【私の好きな料理本リレー】#料理本リレー のバトンを受け取る。

時を経た良書に、光が当たる機会は貴重だ。

1.宇野千代著私の長生き料理』(集英社文庫)

料理に添えられた随筆が素晴らしい。
エッセイとは、「わたしはなにものか」を明確に定めてから書くものなのだと
本書から教わった。
宇野さんは「私は恥ずかしいほどの食いしん坊である」という
立ち位置から書いている。だから寄り添いやすい。ひきこまれる。
わかめの天ぷらなど、火傷しながら何度も作った。

2.向田和子監修向田邦子の手料理』講談社)

人にさしあげ、何度買い足したことか。
「さつまいもと栗のレモン煮」の写真が忘れられない。
それまでごちそう本しか買ったことがなかった。
なんでもない惣菜が輝いて見える、私にとっては大人の料理本。

向田邦子さんのこぼれ話もいい。
料理が大好きな柴咲コウさんへもお誕生日にさしあげた。古本なのに(絶版なので)とても喜んでくださったのが忘れられない。女優さんに古本て…。

3.〈手前味噌枠〉

自著信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ(誠文堂新光社)

1年かけて信州を取材しながら、お茶うけと作り手の物語を取材した。レシピは110本。

信州では、漬物や干し野菜、果物の保存食は
人と人との心をつなぐ、大事なコミュニケーションツールなのだと気づいた。

斎藤いづみさんの装丁、安部まゆみさんの写真の鮮やかなあたたかさが通底した、想い出深い1冊。

東京だけでぐるぐるするのはもったいないので
尊敬する人生のパイセン、長野いや日本の宝、料理家・横山タカ子さん @takako_sasisu にバトンを渡します。

@ryourinohon
#料理本リレー #宇野千代 #向田邦子 #横山タカ子 #保存食
from Instagram

わたしの神様

開高健は言葉にするほどでもない日常の連なりを、鮮やかに文字に切り取る名手だ。
どんなスケールの大きな作品も、日々を見つめる細やかな観察眼と表現力のオリジナリティーは、憧れであり神様なのである。
そういう存在が心にあると、路傍の石ひとつ、電車から見える風景ひとつが変わって見える。神様ならどう描写するだろうと想像するためである。

リレー連載『わたしのそばにある、暮らしの本』
(PHPくらしラク~る♪2020年5月号)より

──わたしの神様のことを書いた。
没後十数年目、コロナブックス『開高健がいた。』(平凡社)の編集をお手伝いした折、初めてちゃんと読み、気づいたら全作(早世したので著作に限りがある)。

例えば夕日、ひと口のバーボンウイスキー、熟したパイナップルの輪切り。日常の何でもない一瞬が、彼にしか紡げない言葉で彩られ、宝石のように光り輝く一行になる。大げさかもしれないが、わたしには詩と祈りさえ見える。

大岡玲さん選のこの文庫は、彼の魅力をもっとも手取り早く知ることができるお得な本である。
(こんなときなので、本のことを書いてみた。)


開高健短篇選 (岩波文庫)

ビッグ・リトル・ファーム

LAの狭いアパートに暮らすテレビカメラマンと料理ブロガー。どこにでもいそうな夫婦が、
飼い犬をきっかけに、荒地に移住。
野菜と果実と動物と人間が共存する
広大で美しい有機農園を作り上げる。

自然の循環の複雑さに息を呑み
山火事や害虫や仲間の死に、一緒に涙する。
「生態系」なんて一言で簡単にまとめられない
複雑で奇跡的で壮大な人と土の記録だ。

8年間の記録が濃密なドキュメンタリー映画に。
本日より公開です。
ビッグリトルファーム〜理想の暮らしのつくり方〜

推薦コメントとパンフレットに寄稿をしました。

 

 

 

目と舌と心で、しびれた夜

私のちっぽけな演劇感がもろもろと、気持ちよく総崩れ。

演劇って、こんなに自由で自在でやわらかなものだっけ。

絆じゃなくて人との「関係性」を慈しむ物語。

心しびれた劇団ロロ。

 

(写真)アゴラ劇場前の夕焼け

 

 

そして、念願の定食屋、菱田屋で、愉快な人達と

ごはん&一献。

こんなに魂のこもった料理が、こんなに安くて謝りたくなった。