転機

 

 随筆家で家事評論家の吉沢久子さんが、
101歳で鬼籍に入られた。

 『新潟日報』に50年、連載を続けた。
家事という同一のテーマで、50年!

 連載時、自分のお金で新潟日報を購読していると、ご本人から聞いた。

 版元から送られてくるのに何故ですか?ときくと
「投書欄を読むためです」。
 献紙は、執筆の回しか恵贈されない。
 愚問だった。

 投書を読めば、新潟の人の「いまの暮らし」がわかる。
中央にいるだけでは見えないものが必ずあると、つねにおっしゃっていた。

 わたしは台所を取材して6年目になる。
 恥を承知で告白すれば飽きかけた時もあったし、予定調和で雑にまとめた時もなくはなかった。
 吉沢さんの言葉をきいて、とても恥ずかしくなった。どこかで知った気持ちになって、書いていた。

 間違い無く、吉沢さんこの言葉は、自分の仕事の姿勢を変える大きな転機になった。

 『暮しの手帖』をはじめいくつかの雑誌で取材。
 拙著『あの人の宝物〜人生の起点となった16の物語』(誠文堂新光社)で、
聞き足りなかったことをたくさん伺えた。

 90代になられても、どれだけ聞いても疲れた顔一つ見せず
真摯に質問に向き合ってくださった
日本で最初の「家事評論家」。

 書き手としての姿勢に胸打たれた、
人生の先達である。合掌。