失態

店で20代男性らと隣り合わせに。
絶対間違えちゃいけないぞだめだぞ、恥かくぞと自分を律していたのに
「俺、トライブっぽい男子苦手で」という話に、
「ああ、オメガトライブね」と、相槌を打ってしまった。

シーンってなった。くぅーっ。
頭ではLDHってわかっていたのよおー。

そんな中年が 珍しくパッタもんを買わなかったら長続きしている筋膜リリース用「トリガーポイント」。夜はだいたいこれで背中や太ももをゴロゴロしている。楽なものに弱いだけ

赤を着る

明るく清々しい空間で
洋服を買った。
こんな大人の赤とは
二度と出会えない気がして。

デザイナー池邊祥子さん の洋服は
袖を通すと、
自分のアイデンティティが引き出されるような、あるいはちょっと心が強くなるような、
ひどく不思議な魅力があった。

プレスも、ギャラリーディレクターも、見慣れた人たちのいる心安らぐ土曜の午後。

TALK TO MEリミテッドストア
F-Furnitureにて、30日まで


やなルーティーン

 

私「明日取材で朝からいないから、大学行く前に洗濯物干しといて」
娘「えー。時間があったらね」
私「ちょっと早く起きればいいだけじゃん」
娘「約束できない。たぶん干す暇ない」
私「・・・・・・ちょっとは家のこと、やってよね。働いてないの、あんただけなんだから」

(笑いをこらえている娘)
私「なによ」 娘「いや別に」
「何笑ってんのよ」 「だから別に」「いいなよ、気になるから」「・・・いや、ママって毎日同じこと言って大変だなあーと思って」
言わせてるのあなたですから。

 

 

誕生日に、オリジナルカクテルを作っていただいた。こんなクリエイティブな贈り物は初めてだなあ。ビーフィーター、シャルトリューズ……。思い入れのあるお酒をレシピに。命名は「ブランチ・ハート」。一枝の「枝」から。

季節の贈り物

 

寄稿した掲載誌が届いた。

「庭で取れたものです」と
1本の生のローズマリーが同封されていた。

開封した途端、立ち上った芳しい香りは、
ドライになるまで10日間ほど、仕事場に漂い続けた。

気負いのない無造作なトレペの紙に
挟まれた季節の残り香。

「丁寧な暮らし」って、そんな大袈裟なものではなく
こういうさりげないことを言うんだろうなあ。