仕事だより

クロワッサン 2016年 11/25 号

天然生活 2017年 01 月号 [雑誌]

img_1303

『クロワッサン』11/25日号 (マガジンハウス)巻頭で、爽やか&穏やかなのに仕事ぶりはキレキレ、ゆたかなアイデアだらけの建築家 青木律典さんと対談をさせていただきました。

『天然生活』1月号(地球丸)「米農家の時間割」取材・文。有機農家の山崎さんちを訪ねました。思った通り、いや想像以上に、お日様にあわせて働く仕事は寸暇もない。空と時間と自分の体力との戦いなのだなあと、頭が下がりました。

ていうか、もう1月号なんだなあ・・・。

わけありの台所

わけあって、知己のホームレスの方の台所に三度めの来訪。
なにしろ住所がないので、記憶がたより。
何軒か、同様の人々の家を訪ね「こういうかた、知りませんか」とデカのように
聞いて歩いて、やっとたどりついた。
この方の住まいも、敷地も、こういう言い方が正しいのかどうかわからないが
ザ・美しいのである。

連絡方法がないのでゲラを届けにまた行かねばならないのが難点。

img_3101

img_3135
(写真)
ニラの畑。化学肥料を使わずトマトや唐辛子を育てている。いわばオーガニック。

最終回

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

20%e5%8f%b7%e5%a3%95%e5%86%85%e3%81%ae%e6%a1%88%e5%86%85

 1年がかりになってしまった連載『沖縄陸軍病院 南風原壕(はえばるごう)を”奇跡の戦跡”にした男たち』(幻冬舎plus)最終回、更新です。

 米軍の攻撃から逃げる際、重病患者は青酸カリ入りミルクで自決させられた沖縄県南風原町の陸軍病院南風原壕。ひめゆり学徒隊の多くが若い命を落とした現場でもあります。
 近年、ダークツーリズムスポットとして年々入場者を増やしているここは、原爆ドームよりも先に、第二次世界大戦の戦跡としては日本で初めて文化財に指定されました。
 50年に満たないものは文化財として認めないとしていた文化庁。戦跡指定のために奮闘したふたりの男性を中心に、小さな町の挑戦をおいました。