92分の変換

 

 

自主上映会できるそうです。

ドキュメンタリー映画『原発をとめた裁判長』(小原浩靖 監督・脚本)をk2シネマで見る。

この作品を観る前と後では、エネルギーの問題も原発も農業についても、きっと意見が変わるだろう。

92分で価値観が少し変わる。それは、危険もあるが、かけがえのない芸術ならではの体験でもある。

 

 

上映後、ピーター・バラカンさんとのトークイベント。新年からピーターさんおなじみの穏やかで聡明な語り口を聴き、新年からほっとする。あんな優しい話し方をする日本人って、なかなかいないよな。

撮影許可あり。上映日とブログの更新日はずれています。