前髪2センチは冒険だ

 

 変化の面白さをわかっていたはずなのに、いつしか守りに入っていた。新しいことがすべていいとは言わないが、「いつも同じ」にはちゃんと疑問を持っていたい。 
 それ、本当にいまの自分に似合っているか?似合っていたのは、少し前の自分じゃないかと。


「前髪を2センチ切って見えた世界」(『ただしい暮らし、なんてなかった。』拙著より)

(『クウネルサロン』にて5階に渡りご紹介いただいています)

⁡写真:結城歩さん