コロナ禍で定食屋を取材する意味

 私は、歯を食いしばっているところを見せず、地道に、おいしいものづくりを続けている店を今年も追いかける。

 定食屋は、町の営みの記録であり、今日も米を研ぎ、包丁を振る人の心の内を綴ることはきっと、誰かの小さな力になる。そう信じているので、今年もどうぞお付き合いのほどを。                        (連載『そこに定食屋があるかぎりがある限り』ケイクス)

「どこまでも定食屋に残酷なコロナと、取材の現実」

撮影/難波雄史
文/大平一枝