最小の台所で最高の料理

 

 

連載『東京の台所2』(朝日新聞デジタル&w)

「27歳。ヨットの夢に備え、IHコンロ一つの調理台で本格料理を」

オリーブオイルは生と加熱用と、こだわりのブランドを使い分ける。友だちを呼んでのホームパーティーが多いため、玄関収納の用途を変え、ワインクーラーや客用グラスを整理している。

しまいかた、使い方の発想がじつに柔軟だ。ここでイタリアンから中華まで、餃子(ギョーザ)は皮から作るらしい。

これらはすべて冒頭の「ヨットで世界一周」の練習である。

「自分で魚をとり、ソーラー発電で自給自足に近い生活をし、街ではおいしいコーヒーを提供したい。

この狭い台所で、どれだけ自分の好きな料理が作れるか。サステイナブルな生活ができるか。日々実験中です」

文 大平一枝
写真 本城直季