この間(かん)、支えられたものは

「私の課題は、平凡で奇跡のように尊い明日のために、いまある幸福を数え、
想像力を持ってつづり、
大事な人たちや寝る間もなく働いている人たちのために、
志を持って家にい続けることだ」

「4月1日、暮らしが一変。あえて良かったことを数えてみた」大平一枝 
                    (朝日新聞デジタル&M、&w、&TRAVEL 共同リレー連載『コロナ・ノート』)