彼と彼

View this post on Instagram

. ▶▶連載「令和・かぞくの肖像」/文:大平一枝(@oodaira1027) 写真:笠井 爾示(@kasai_chikashi_) 更新  現代に生きる4組の家族の生活を、半年に一度継続して取材していくドキュメンタリー企画。  本日公開の連載第4回より、新しい家族の物語がスタートします。  会社員の中津圭博さんは、高校生の時に性的マイノリティを自覚。男性のパートナーKさんと暮らしはじめて6年になります。  ー  ゲイもレズビアンも、私が会ったLGBTの人たちには、結婚というかたちから生まれる「家族」という従来のフォーマットのあり方そのものに、疑問を抱いている人が多い。彼らは言う。  カップルや結婚というのは、長い年月で培われた関係性の総称でしかない。結婚というかたちをとっているカップルと、とっていないカップルで違いはあるか? 自分たちの世界ではあまりない。ストレートでも同じ。結婚していない人が増えているのは、そこに疑問を抱いている人たちが多いからではないか、と。   (文中より)  ー  「中津・K家の場合 Vol.1/笑った分だけ親身になれる、ふたりの10年」  ▶▶@oil_magazine_by_claska のプロフィールにあるURLからご覧ください。  編集長 落合

A post shared by 大平 一枝 (Kazue Oodaira) (@oodaira1027) on