届かなかった手紙ふ

原爆を開発した約3000人の科学者のうち、ユダヤ人を中心とした70人が

無差別無警告にヒロシマの住宅地に原爆を落とすべきではないと

大統領宛に署名をし、軍事郵便で配達された。

しかし、その手紙は上層部の作為で

トルーマンには届かなかった。

訳された署名の文章は

職を賭して強く投下禁止を訴える、魂のこもった内容だった。

2017年、私はアメリカに渡り、

90代の署名科学者らに取材。

署名の行方と、アメリカでの原爆の捉え方の今を追った。

しかし、そんな科学者やその関係者をもってしても、最後に誰もがこう言った。

「でも、原爆がなかったら戦争は終わらなかったでしょ?」

アメリカの教科書にもそう書かれている。

日本軍がアジアでしたこともまた。

原爆を落としたかった人は誰なんだろう。

原爆の日。是非ご一読ください。

届かなかった手紙

〜原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び

大平一枝著 (角川書店)

※カバーは署名の複写です。装丁は松田行正さん