想いはひとつ

中国翻訳版が届いた。(左)

私も忘れていたような、小さな小さな

サブカットを表紙にしていた。

美しい栞(次ページ)が挟まれていて

国も言語も思想も何もかも違っても、

1冊に込める装丁者の想いはひとつなんだなと思うと

胸がいっぱいになるのだ。

帯の漢字から想像するコピー、ふむふむ。大都会里炊食男女的秘密基地、私蔵好物…。