高知、香川旅

イサム・ノグチ庭園美術館。撮影許可はここのみ。
私の体を今切ると、おそらくカツオ風味の血が流れる

 

市内に川があるのはいいなと思う。視界がひらけ、特別にリラックスする

 

牧野植物園隣の竹林寺。苔と新緑が息を呑むほど美しかった
牧野植物園隣の竹林寺。苔と新緑が息を呑むほど美しい

 

四国村ギャラリーでは猪熊弦一郎展を。(撮影可)
うどん休憩2回

 

ほんのりいのちがけ。

高知3泊香川1泊。久しぶりの仕事なし純粋旅。

イサムノグチ庭園美術館、猪熊弦一郎(丸亀の美術館は休館中)、高知県立牧野植物園(植物園感が変わるほどモダンで美しいランドスケープデザインであった!)と、アートや草花に見惚れつつ、土曜オーガーニックマーケット、日曜市と主婦3人で、ポン酢やら柚子アチャールやらどんどこ買い込み。

ひろめ市場で昼間から飲み、夜は屋台で餃子含め3軒はしご。みるみる肥えていった。

ときに集団をひとり離脱し、心を整えつつ、日本のラテンの旅を楽しんだ。