孫の一打

大学が春休みの間、娘が2ヶ月間、田舎の私の両親宅に居候していた。

起床も入浴時間もいちいちルーズな娘は、いちいち年寄りの祖父母とぶつかっていたらしい。父はイライラしながら、説教をした。

祖父「おまえもう10分起きて、ばあちゃんのつくった朝ごはんの皿を自分で洗うまでやれんか」

そう言われるのが100回目くらいなので(娘談)娘は言い返したという。

孫「おじいちゃんは、自分のお皿あらったことある?」

祖父「す、炊事は女の仕事だで俺は洗わん。でもじーちゃんも単身赴任のときはばーさんより上手に家事をしたぞ」

と、少しオタオタした後、自慢話が始まったらしい。

100%娘が悪いのだが、淡々とした彼女の一言にわろてしまった。

「大臣なら、即辞任だね」

炊事は女の仕事って、父親ながら正面切って言われると、もうすぐ令和という時代になることをあやうく忘れそうになる。