やな忠言

数年前にちょこっとやったインスタを、お知らせツールとして再開するにあたり、娘(19歳)に言われた。

娘「ママの食べたもんとか、世界中の誰も興味ないから、しゃしゃって写真あげないようにね」
大「え、いいじゃん載せても」
娘「マジでやめな。あ、それから言っとくけど、新幹線の中で食べた駅弁とかビールもなしね。料理家やグルメライターならまだしも、ママの移動中のご飯なんて、知らない人のカプチーノの写真くらい興味ないから。むしろ迷惑だから」

自分のツールを、人の顔色伺いながら使うっておかしいだろう。
んで、おまえはプロデューサーか。

北欧、暮らしの道具店のみなさんからいただいたリース。生のかぐわしい香りがいまだに放たれている。私は私の好きな写真を貼るのだ。