ここではないどこか?

写真[3]

家探しをしているときは楽しいが、いざ片づけが始まるとなぜこんなことを決断しちゃったんだろうと後悔する。そんな繰り返しで私の人生は終わるんだろうな。娘も息子も下北沢を離れるのを、ホントはいやだが、もうこの母親に何を言っても止まらないとわかっているので、黙っている。後ろ髪引かれながらの荷造りはちょっとしんどい。なんで越すんだろ、わたし。ここではないどこかに、なにかすてきないいものなんて落ちてないのはわかっているんだけど。安い、広い、明るい。次はそういう家。それで十分。そんなわけで、箱に囲まれて寝ている。