もはや病。

2013-10-19 11.10.57
長男の進学を言い訳に、引っ越すことにした。今度は郊外。
ひとつの町に13年も暮らしたのは生まれて初めてだ。さよなら大好きな下北沢、さよなら保坂区長である。子どもたちはしょんぼりしていて、引っ越好きの私だけがうきうきしている。この落差。夫は家賃が下がると、珍しく大喜び。周囲の友だちは半分以上呆れているだけ。
古いビルのペントハウスで、部屋はひとつ増えるが、キッチンはたまげるほど狭い。コンロが2穴。今の家はキッチンだけは広々使いやすいだけに、不安だ。イケるのか、自分。引越でどれだけゴミが出るか、どうせなら数えたれと意気込んでいる。日本一なんの役にも立たない計測だが。