プロフィール

プロフィール

 

大平一枝(おおだいら かずえ)

長野県生まれ。日本福祉大学女子短期大学部卒。
編集プロダクション宮下徳延事務所を経て、1995年ライターとして独立。
女性誌、書籍を中心に、大量生産・大量消費の対岸で生きる人々のライフスタイルや人物ルポを執筆。

雑誌は『天然生活』『チルチンびと』『暮しの手帖別冊  暮らしのヒント集』等に執筆。
企画および編集は『love home』(ちはる著)、『開高健がいた』(コロナブックス)、
『別冊太陽 光と影の詩人 藤城清治』『別冊太陽 日本の古民家』など。

著書は『見えなくても、きこえなくても。~光と音をもたない妻と育んだ絆』(主婦と生活社)、
『かみさま』(ポプラ社)、『ジャンク・スタイル』(平凡社)、『世界で たったひとつのわが家』(講談社)、
『日曜日のアイデア帖~ちょっと昔の暮らしで楽しむ12か月』(ワニブックス)、
『かみさま』『昭和ことば辞典  おい羊羹とお茶もっといで!』(ポプラ社)、
『もう、ビニール傘を買わない。~暮らしと自分を変える60の習慣』(平凡社)など。

●オフィシャルホームページ「暮らしの柄」 http://kurashi-no-gara.com/
●ツイッター:https://twitter.com/kazueoodaira
●フェイスブック:http://www.facebook.com/oodairakazue