『スピリッツ・オブ・ジャンク・スタイル』(風土社)

『スピリッツ・オブ・ジャンク・スタイル』(風土社)

『スピリッツ・オブ・ジャンク・スタイル』(風土社)

装丁 下山ワタル
写真 安部まゆみ、野寺治孝
編集 熊谷美智世
イラスト 北村範史、伊藤絵里子

人にはがらくたに見えるものでも、自分が美しいと思えばそれでいい。
そういう住まいを訪ねていくうちに気づいた。
これは、「もったいない」を大事にする先人達が築いた価値観。
私たち日本人が先祖から受け継ぎ、累々と実践してきた暮らし方である、と。

【内容】
アントス(金属造形作家)、ジャンク・スピリッツ・ロード(裏下北沢)、
牧野伊三夫さんの宝物をのぞきにゆく。私的民藝紳士録ほか

【制作こぼれ話】
ジャンクシリーズ3部作の第2弾。会う人、会う人に、発見と学びを得た。
脱稿したとき、もう3冊目はとても書けないと思うくらいに精根尽き果てた。
何度も取材して、知っているようなつもりになっていたアントスの二人の
心の内やルーツを初めて聞くことが出き、
つくづく人物取材は、2時間3時間なぞのインタビューなどでは、
とうていわかりえないものなのだと実感した。
日ごろの取材姿勢を省みる機会にもなった。