著書」タグアーカイブ

新刊カバー決まる。

長野の春夏秋冬を追いかけながら、おばあちゃんたちのお茶うけを訪ね歩いた『信州おばあちゃんのおいしいお茶うけ: 漬け物から干し菓子まで、信州全土の保存食110品』(誠文堂新光社)が7月9日発売に。カバーも決まり、今は、大き … 続きを読む

書店が怖い

新刊が出ると、怖くて書店に行けなくなる。売り場の前を通っても、できるだけ目を本と合わせないように呼吸を止めて、足早に立ち去る。自分の本が置かれていないのを知るのが怖いのだ。自分の本が置かれていないとわかったとき、「お前は … 続きを読む

6月のお知らせ

【大平一枝 新刊イベント】 小津・成瀬・木下映画から学ぶ 品格&ユーモア 「あなたのことば偏差値を上げる、昭和ことば実践講座」 6月24日(月) 20:00/下北沢平松昭子さん(イラストレーター。昭和映画・着物通) 入場 … 続きを読む