第2回更新

北欧、暮らしの道具店 連載「つまずきデイズ」第2回。落語とお酒のお話です。ってまた酒か。

飛蚊ホリデー

休みたいときに休めるのがフリーランスのいいところじゃないかと思ってフリーになったのに、21年目のGwもPCにかじりついているとはどういうことだ。目の中を小さな虫が自由に飛びまくっている。この虫に会うの168回目くらいだ。もう飼ってやろうか。

昼間は書き。夜は酒。2時頃帰って朝起きてまた書くという昭和のおっさん風味のルーティンで日々が過ぎて行く。こんな大人になろうと思ってなかったのに。
合間に、ちーやんのスポンジノアカライブ(赤坂グラフィティ)、森下洋子さんの「ロミオとジュリエット」(オーチャードホール)、カラバッジョ展(西洋美術館)になんとかすべりこむ。あ、秋川渓谷も行ったな。ちなみにカラバッジョと同じ上野でやっていた若冲展は120分待ちだった。待つ限界をとうに超えている。炎天下、死人が出てもおかしくない数字ではあるまいか。

カラバッジオも若冲も、アートと洋服(とワイン)に目のない情報通編集者のリコメンド。当の本人は、この時期上野はスルー。あえてすいているサントリー美術館「安藤広重展」に行って「よかったわー」と目をきらきらさせて帰ってきた。慣れている人は違うな。


IMG_0488 IMG_0489
(写真)
あのレコードを出せ、これを出せとやりたいほーだいの安部巨匠、いつものバーでまた暴れるの巻。

朝9時でこの人波。上野公園内。美術館の開館は9時半。

鎮魂歌

シンクロニシティというフェスに行ってきた。ラブホ街どまんなかでこんなたくさんの人間が集まる大きなイベントをやるのかと、すでに隔世の感。確実に来場者の平均年齢を私が上げていた。

オープニングのwegとトリのMONOの両方で、スタンディングのまま泣いてしまって困った。どちらもインストなのだが、どちらも大変にエモーショナル。レクイエムのように聴こえる曲があって、ああ熊本の人に聴かせてあげることができたら、どんなにか、一瞬でも心安まるだろうになあと思ったのだ。かの地は、音楽なんて、ライブなんて、それどころじゃないにきまっているのだけれども。

どちらも私はつい最近教えてもらうまで全然知らなかった音楽。新しい文化が体の中に入ってくるのはえもいわれぬ快感だということを久々に思い出した。
YouTube Preview Image

ある意味、暴言

最近この女優さん(40代)に似てるって言われたんだけどさ、と娘に言った。
「あーたしかに。似てるっちゃあ似てる。一瞬、年のわりに若いねって思って、まじまじ見て言動とか聞いたら、あ、やっぱりおばさんだったってところが似てる」
上げて下げるの、やめるべき。

食堂100軒

『散歩の達人』(交通新聞社)5月号〜創刊20周年記企画 食堂100軒〜に載せさせていただいています。ちはるさんのチャムアパートメントの唐揚げ定食。ここの自家製ポン酢がまたうまいのうまくないのって、そりゃあなた、うまいに決まってるのです。

この号、平松洋子さんの推す蔡菜食堂とか、久住昌之さんの階段ノ上ノ食堂とか、立ち食い焼き肉とか、流通センターの食堂とか、東京芸大の大浦食堂とか、え?あそこにそんな美味しい店あった????と盲点のような気になる店がてんこ盛りなのである。4月号は「酒場100軒」だったらしい。私にとって教科書みたいな号だったのに。くー。
散歩の達人 2016年 05 月号 [雑誌]

 

2016-04-22 11.23.20

30 / 133...1020...293031...405060...