柚木沙弥郎(ゆのきさみろう)さんのこと。

IMG_5845
IMG_5863
紙さまの話: 紙とヒトをつなぐひそやかな物語

IMG_6023
あの人の宝物: 人生の起点となった大切なもの。16の物語

IMG_6024
日本民藝館に、「柚木沙弥郎の染色 もようと色彩」展を見に行く。
『日曜美術館』(NHK)で放送されたそうで、私の大好きな静寂な民藝館は
人の波にあふれていて、いつものそれとは全く違う様相であった。

柚木沙弥郎さんは、拙著『紙さまの話: 紙とヒトをつなぐひそやかな物語』(誠文堂新光社 2016年)で、数十年前ポンペイの街角で買い求めた、ブロックプリントの紙のお話をしてくださった。名もない職人が漉いた素朴なその紙を、「自分が今でも大切にしている美しい芸術の一つ」と語った。

また別の拙著『あの人の宝物: 人生の起点となった大切なもの。16の物語』(同社 2017年)では、いちばん大切な宝物を伺った。1960年代に旅したサンタフェやニューデリーのおもちゃ屋で買った素朴な木の玩具の話をしてくださった。
柚木さんは柳宗悦らの民藝運動を知る数少ない染色家で今もフランスで個展が開かれる芸術家であるが、60年代のあるときは、全国の百貨店のオーダーに応じて奥様と商品を作り続けていた。それはとても忙しい日々で、ある日旅先でこのてらいのない素朴な木の船やトラックを見たとき、「作り手の思いが伝わる美しいフォークアート。自分はこういう物を作りたかった」と、人生の羅針盤を変える大きな転機になったという。

取材では、友人の河井寛次郎の茶碗を普通に出された。私にはこちらのほうが宝物に見えたが、
柚木さんは違った。

取材時94歳。
その後もエネルギーに満ち溢れた作品を創作し続けておられることを、民藝館の展示で知って
頭を殴られたような気持ちになった。
全く何かをまとめようなんて考えておらず、想いを表現に託してアグレッシブに挑戦し続けている。翻って、自分はこの2年、どうしていただろう。これほどの情熱で何かに取り組んでいたか。取り組んではいたが、もっともっとがんばれたのではないか。守りでなく挑戦できたのではないか。

その圧倒的な生きる力の強さ、情熱の量にうちのめされた。

次の次の次の作品展まで決まっている96歳の芸術家。
紕とまみれの民藝館でもきっちり訪れた人全てに感動を与える稀有な存在に
あらためて平伏。

(写真)
民藝館のショップで見つけた河井寛次郎シール。

77歳のサッカーデビュー。

そしていつもの日常。

我が家はW杯でチャンネル争いが。チャンネルて。もう言わないか。

サッカーと言えば、長野の実家の母は、今年、軽い気持ちで孫に誘われ、松本山雅FCの観戦に行ったらば、
それまでサッカーの「サ」の字も知らなかったのに、一度で魅力に取りつかれ
超サポーターになってしまった。何が彼女のスイッチを押したのか、謎である。

観戦に行きたくてたまらず(スタジアムの近所に住んでいる)、ある日も父を誘ったら
「俺、行かね」。(野球ファン)
じゃあ一人で行くわと、単身乗り込んだらしい。

母「みんな優しくてね、声かけてくれて楽しかったんだよ。途中まで」
そりゃ、80近いおばあさんが、ひとりで来ていたら、何かと助けてくれるだろう。
しかし、途中までって・・・。なにか嫌な予感がする。

母「どうしてもトイレに行きたくなっちゃって。年寄りだからトイレが近いんな(飯田弁)。で、やっとすませて出てきたら、席がさっぱりわからなくなっちゃって」
私「方向はわかるでしょ、なんとなく」
母「それもわからんのな」
私「空いているところで応援してればよかったじゃん」
母「それが携帯もタオルも何もかも入ったバッグを、席においてきちゃったんな」

日本の国を信用しすぎです。
試合が終わり、客が全員帰ったあと、会場のスタッフの人たちにバッグを探し出してもらったらしい。なんと迷惑な。
私がスタッフだったらぜったい、仕事の後に文句を言っている。
「あのばーさんの迷子のせいで、仕事が延びた」と。

77歳の迷子はイタい。(無事見つかりました。本人はあまり懲りていない模様です)

ぶさまであろうとも。

IMG_5729
IMG_5792
IMG_5665
ヒースローでロスバゲを経験した私は
同行の友人が持っていたマスキングテープを借り
かような、猿でもわかる表示を施すことにした。
ぶざまであろうとも、スーツケースが無事届くことのほうが大事。
羽田のピックアップレーンで、ちょい恥ずかったが、すぐわかるというメリットはある。

(写真)
自分への土産一覧。
アイルランドでウイスキーを。左はウイスキー専用の香りを楽しめるグラス。
大好きなカルヴァドスはジヴェルニーで。

さよなら、おフランス。

パリ休暇

パリで休暇。
なんと優雅な響きだ。
でも実際は、歩いて歩いて歩きまくる、四国遍路のような体力勝負の巻。
毎日歩数が2万歩近くて、車で移動したアイルランドは1日100歩以下の日もあり
その差に、あらためて考えさせられた。大自然のアイルランドのほうが歩数が少ないとは。
日本の地方と都会も同じ問題を抱えている。

美術館を中心に巡る。
マルモッタン、オランジェリー、パリ市立美術館(無料!)、ポンピドゥとまわって
郊外のモネの自邸、ジヴェルニーの庭へ。

IMG_5608
IMG_5674
IMG_5689 IMG_5668
(写真)
地下鉄コンコルド駅の看板はいつも見るたびに、しびれる。
手焼き(おそらく)タイルに、グラフィックの醍醐味が表出したアルファベット。
ただ並べているのではなく、なんでもフランス人権宣言の原文らしい。
これをみると、電光掲示板にはない圧倒的な温かみと美しさを感じるし、
この言葉が適切か心もとないが、民度の高さを、見せつけられる思いがする。
かなわんな、とおもう。


ある日のランチ。アボガドのポタージュとタルタル。
プランタン屋上のテラスのカフェにて。


サンジェルマンデプレのプチホテルに宿泊。
朝食はビュッフェスタイル。小さなスペースだが
窓辺のビュフェの絵になることといったら。


プランタン屋上のカフェ。

パリでイタリアン〜ランコニュ〜

IMG_5562
IMG_5568
IMG_5566 パリで日本人シェフが営むイタリアンで、ここはぜひ行くべきと言う
現地のライターさんに連れて行ってもらった。
「この路地の先にお店が?」と疑いたくなるような静かな小さな路地のむこうに
ランコニュはあった。

「未知」という意味を持つ店の名の通り、
それは今まで見たこともない、イタリアンだった。
野菜のアイスや手打ちのパスタが、それはそれは独創的で丁寧な味。

イタリアンとひとことでくくれない。もっと複雑。
和✕仏✕伊✕シェフで、できあがっているそんなイメージ。

パリでわざわざイタリアン?日本人シェフ?という
若干の戸惑いが全部プラスに変換された、個性的な若さみなぎる素晴らしいお店だった。
そしてリーズナブル。

 

2 / 143123...102030...