さよなら、おばばたちの青春。

IMG_4378IMG_4395

娘、高校卒業式。
6年間、苦楽を共にしたママ友たちと、結局4時の謝恩会から22時過ぎまで飲み続けた。
国立組は発表前なので、この時期の卒業式は、母も子もちょっぴり、つらそうだった。
思えば、6年間このお母さんたちと、たまに会うと必ず、それこそ浴びるように飲んでいた。
あれはストレスなのか、なんだったのか。専業主婦も働く母も
境界線なく、いくらでも話すことがあった。
誰かが悩んでいると、誰かが自宅まで駆けつけている。
子どもが学校をやめても、母らは変わらず交流が続く。不思議な絆だった。
そんなこんなを思い出していたら、謝恩会でひとり、涙が激漏れ。

二次会は、転校したママも合流。
今日はひとまず、母たちの卒業式でもある。

酔っ払って自転車で帰って(違法です)、朝起きたら
白いパンツにタイヤの筋がくっきりとあり
私はどこかで車に轢かれた模様。
それを報告すると、またやんややんやとママたちは飲んでたっけな。
あれは本当に轢かれたのか・・・? 謎だ。

結構苦しい学校生活だったが
母も子も、人に恵まれた。教師と友。けっきょく人は人にしか救わないんだなーと思う。

(写真)
赤点をとるたび、あまりにも学校に呼び出されるため、終業式はあらかじめ仕事を空けておくようになった。
職員玄関の受付の方にも、最後は半分、顔パスで応接室に通されるありさま。
ほぼ毎回しょぼくれて歩いた通学路を、自分は通学していないのに記念に撮りたくなった。さよなら、青春。