投稿者「大平一枝」のアーカイブ

いまこそ使いたい昭和の忖度フレーズ

【いまこそ使いたい昭和の忖度フレーズ】 「しばらく考えてみませんと」。 すぐ返事をしたくないとき、ノーと言いたいとき、 相手を傷つけず上手に断る言葉が 小津安二郎や成瀬巳喜男の時代には、たくさんある。 . 「せっかくです … 続きを読む

「おあとがよろしいようで」のほんとうの意味

◯北欧暮らしの道具店『金曜エッセイ あ、それ忘れてました(汗)』 連載第12話 落語と小平奈緒選手のことを。 「おあとがよろしいようで」のほんとうの意味

トラブル・タイ旅だより。

タイへ。 これが本当の最後の家族旅行。 どんな感動的なものになるかとおもいきや、英語を話せない親にいちいちイラッときている息子に、ブチ切れること数回。 「あのさー、わかないのにイエスイエスっていうの、やめてくれる? そう … 続きを読む

取材だより2

『別冊 住まいの設計 relife+』(扶桑社)vol.28号、発売。 著名人の本棚を訪ね歩く「Book Shelf Hunter」第11回は、松尾たいこさん(イラストレーター、アーティスト)のご自宅です。 『クローゼッ … 続きを読む

取材だより1

『Discover Jaman』4月号 発売。 連載「こうめぐる」第9回は、信州・安曇野 カミツレの宿 八寿恵荘。食事から寝具、建具に至るまで、ヨーロッパのビオホテル協会に基準にのっとった「BIO HOTEL」の認証を受 … 続きを読む

3 / 140...234...102030...