投稿者「大平一枝」のアーカイブ

深夜の山中、幻のような店で。

 3日目。22時、やっと本日の取材が終わり、念願のパブで、アイリッシュミュージックを聴きながら、ギネスを1杯だけ飲む。  パブは隣村で、車で30分。山の中の一軒家。見渡す限りその他に建物はない。  だが、扉を開けると満席 … 続きを読む

アイルランド✕小ハプ✕ギネス

 アイルランドへ。チケットの名前表記を間違えて飛行機に乗れないとか、宿を1日取り忘れるとか、海外はここのところ、毎回事件続きなので、今回は慎重に準備をした。  ヒースローの乗り換えも、チケットも何もかも滞りなくシャノン空 … 続きを読む

ハッカー

身に覚えのない、メールがAmazonから届いた。 アマゾンプライムに入会した旨が記されている。 プライムはとても便利なのはわかるが、もうこれ以上、日本中の配達業者を急かしたくない。 そんなに急いでどうしても欲しいものなん … 続きを読む

韓国翻訳版

「紙さまの話: 紙とヒトをつなぐひそやかな物語(誠文堂新光社)が、韓国で翻訳された。 メールではなく、手ざわりと息遣いが伝わる紙のぬくもりついて綴った拙著。さて、韓国でどのような紙と書体が使われるのだろうと、どきどきして … 続きを読む

Life Shift Story

小さなフィクションを書かせていただいた。 取材ではなく、ルポでもなく。 物語を作るのは、全く違う脳みそを使い、気づかなかった筋肉を使う。 ひどく心地の良い筋肉痛が遺った。 朝日新聞デジタル 「Life Shift Sto … 続きを読む

始まりがあれば終りがある。

Pal’las Palace というアパレルブランドの店頭に置かれる冊子に、エッセイを 15年書かせていただいた。 手間とコストのかかる天然の染料を使ったり、江戸の粋人のように裏地にもこだわったり。 とてもお … 続きを読む