本日発売。期間限定特典プレゼント

新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく

本日、『新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく』(大和書房)発売です。

※期間限定!発売記念プレゼント(大和書房)
Amazonでご購入いただいたお客様のみ、大平さんの暮らしや家事アイデアをまとめたフォト&書き下ろしミニコラムをプレゼント中です(応募期間:9/14~9/24)。
下記サイト内応募フォームに、Amazon注文番号を入れ、送信して下さい。
特典データのダウンロードのURLをプレゼントいたします!

★★「大和書房 プレゼントサイト 応募フォーム」はコチラです。

 

執筆の舞台裏はこちら
『暮らしの柄』 →仕事著作
『新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく』著作こぼれ話

新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく

『新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく』(大和書房)

文  大平一枝
イラスト ミヤギユカリ
装幀 森治樹
編集 小宮久美子(大和書房)

読んで楽になった、泣ける……とママたちのあいだで話題沸騰!
人気サイト「北欧、暮らしの道具店」で大反響の伝説のエッセイ収録
だれもが初めて「お母さん」を体験するのだ。
ていねいにも
まめにもできないけれど
これでいいんだと背中を押される
失敗母さんからのエールエッセイ。

【制作こぼれ話】
表題は、『北欧、暮らしの道具店』で連載し、反響をいただいたエッセイのタイトルから。
それを読んだ編集者、小宮久美子さんからご連絡をいただき
子どもが23歳と19歳になるまで、各誌紙で書いてきた育児エッセイを抽出、年齢順にまとめ直し、加筆修正しました。

私はいつも仕事でヨレヨレ、家事も育児もだめだめ。
丁寧になんてとても暮らせない、失敗の連続の母親です。

ていねいにも、まめにもできないけれど
それでいいんだよと背中を押すような1冊にと願っています。

本書スタッフは、編集者、装幀者、イラストレーターともに親であり
「子どもはいつか、その扉を開けて出ていってしまう」という
わずかなせつなさを共有しながら
制作できたことが、私の大きな財産になっています。

 

 

新刊の見本が届く+アマゾンキャンペーン

IMG_6800

9月14日発売 『新米母は各駅停車でだんだん本物の母になっていく』(大和書房)の見本ができあがってきた。

現在23歳、19歳の我が子が4歳のときから各誌紙に綴ったエッセイをまとめたものだ。

丁寧に暮らしてみたいとは思うが、現実はそうもゆかない。
時間はないし、子どもは待ってくれないし、締切はいつもすぐそこ。

最初の頃はああしなければ、こうしなかればともがいたが
お母さんの正解などないのだから
自分を責めずに笑って暮せばいいと
重い荷物を早々におろしてしまった私の、20年余の拙い記録である。

さて、こんなに表紙デザインをみんなで悩んだ作品は初めてだった。
どれもよくて迷った。意見も割れた。
本文の色は、校了前日に変わった。
結果、佇まいの美しい本が生まれた。

◆9月14日〜24日限定で、amazonにて、買った方に特典付きキャンペーンが行われます。
下記サイト内応募フォームに、Amazon注文番号を入れ、送信して下さい。
特典データのダウンロードのURLをプレゼントいたします!
詳しくはこちらを。
本書登場の暮らしのアイテム19カットを、写真と書き下ろし文で公開!

応募サイト
「大平さんちの暮らしをのぞき見&「お母さん偏差値」がupする家事アイデアをプレゼント」

母業24年_四校.indd
(写真)
ミヤギユカリさんのイラスト、森治樹さんのレイアウトがとても美しい扉ページを、ちらみせ。

ばえるもばえないも。

IMG_6674

IMG_6621

外食産業のメニュー開発も、専任の”インスタばえ担当者”が、必要な時代のようだ。
とはいえ、私は、ばえようが、ばえまいが、なにがなんでも味とボリュームが命。

写真は美味しくて、ボリュームがあって、ちょいばえる3条件が印象的だったお品。

(写真)
「カレーショップ涅槃」の2色カレー。黒キーマは和風だし。
「イル・バーカロアルマ」のぶどうとくるみのサラダ。カッテージチーズの塩梅がいい。