公開!

本日公開!

すかっ、ほろっ、ジーン、あー映画っていいなってもれなく最後に思える作品です。全国ワーナー系映画館でこらんいただけます。

ぜひ!

(身内の宣伝で恐縮ですが、映画は映画館で見てもらわないと、本は買って読んでもらわないと、産業の灯火が消えるギリギリな状況。なりふり構わず、ごめんなすって)

阿寺渓谷と婚礼トラック

帰省。息子が新米お嫁ちゃんと来ると言うので、母はもう、張り切って頭から湯気を出しながら、さまざまなものを揚げまくっていた。

木曽、阿寺渓谷へ。

深い緑に覆われた原始的な森と、「阿寺ブルー」といわれる川床の美しい色とのコントラストに息を呑んだ。

森林浴や川で涼みながら、真っ黒な心をお洗濯。信州は奥深い。

朗らかな新しい家族が増え、人生の営みの妙に感謝する忘れがたい3日間であった。

帰りにポツンと佇む家具屋さん脇に婚礼トラック発見。かつてはたくさんの嫁入り道具を運んで大活躍したんだろうなあ。

(川床の写真:おんたけ観光協会)

「新聞記者」

松坂桃李ってこんなにいい役者さんだったんだなあ。想像と違って、しっかり、ばっちりエンタメ作品として完成していた。

単館で始まって早3ヶ月のロングラン売上5億とは勇気を持って制作した人々と役者の勲章だ。

お礼とお詫び

ギックリ腰にご心配のメールをいくつかいただきましてすみません! ありがとうございます。

かねてよりブログの投稿日は、取材や旅で留守が多いためセキュリティ対策もあり、ほぼすべて不正確です。(著作発売日の告知などを除く)

よって、ギックリ腰も完治しており、大変ご心配おかけしました。紛らわしくてすみませんでした。

この場を借りて、お詫びとお礼を申しあげます。

そんなわけで編集者の皆様にも、今後も「締め切りなのに飲みに行ってやがる」「映画見てやがる」と、どうか誤解されぬよう願うばかりです。

(写真)

春雨サラダと餃子入り野菜スープ、どちらも柚子アチャールが合う合う!最近はなんだったらアチャールが食べたくて、ご飯を作っているようなもの。

キリン のクラフトビールシーズンセレクション、今月はかぼすとすだち入りシトラスビールが届いた。妙な甘さがなく爽やか!一般に販売していただきたいものだ。

届かなかった手紙ふ

原爆を開発した約3000人の科学者のうち、ユダヤ人を中心とした70人が

無差別無警告にヒロシマの住宅地に原爆を落とすべきではないと

大統領宛に署名をし、軍事郵便で配達された。

しかし、その手紙は上層部の作為で

トルーマンには届かなかった。

訳された署名の文章は

職を賭して強く投下禁止を訴える、魂のこもった内容だった。

2017年、私はアメリカに渡り、

90代の署名科学者らに取材。

署名の行方と、アメリカでの原爆の捉え方の今を追った。

しかし、そんな科学者やその関係者をもってしても、最後に誰もがこう言った。

「でも、原爆がなかったら戦争は終わらなかったでしょ?」

アメリカの教科書にもそう書かれている。

日本軍がアジアでしたこともまた。

原爆を落としたかった人は誰なんだろう。

原爆の日。是非ご一読ください。

届かなかった手紙

〜原爆開発「マンハッタン計画」科学者たちの叫び

大平一枝著 (角川書店)

※カバーは署名の複写です。装丁は松田行正さん